どこで借りるか

お金を借りることができる期間は大まかに分けて2種類あるとされています。双方ともにメリットがあるので、利用する前にどのような違いがあるのか調べておくと良いでしょう。

業者の違い

消費者金融

支払いの期限が明日で切れてしまうのにも関わらず手元に現金がない場合は、消費者金融を利用すると良いでしょう。何故なら、当日でもお金を貸してもらうことが可能となっているので、期日を守ることができます。

銀行

お金を借りる時は必ず利息が上乗せされますが、銀行で借りれば3から15パーセントの利息となっているので、払いやすいと言えるでしょう。ですので、返済時のことを考えるのなら銀行を活用するのが賢明です。

サービスを見てみよう

業者によって提供しているサービスは大きくことなるので、どういったサービスがあるのかを把握しておくと良いでしょう。そうすれば、損をすることなく利用することが可能となっています。

業者を選ぶポイント

審査が早い

消費者金融の中にはたったの30分で審査をクリアすることができるところがあります。そして、現金を1時間で受け取ることができるので、ピンチの時はこういった業者を頼ると良いでしょう。

利息がない

一カ月以内に返済すれば利息を支払わなくてもいいという業者が存在しています。ですので、返済する目途が立っているの場合は、この方法を選択するとお得感を味わうことができるでしょう。

土曜日や日曜日でも開いている

一昔前では金融機関は平日しか利用することができませんでしたが、今では土曜日や日曜日でも開いているところがあります。ですので、仕事の休みが休日しかないという方が多く理由しているのも頷けます。

職についてなくても借りられる

近年では、専業主婦やフリーターであっても融資をしてもらったり、カードローンを利用できたりします。ですので、正社員で働いていないからといって融資を諦める必要はありません。

返済期間を延ばせる

高額な金額を借りていて、10年以上かけなければ返済ができないという方もいることでしょう。そういった際はカードローンの借り換えをするべきです。この方法なら期間を延ばすことができるので、生活に余裕を持って返済できます。

[PR]
カードローンの借り換えを見よう
低金利で利用できるサービスを紹介

ネットを活用しよう~消費者金融の借り方を伝授~

主婦

インターネットから利用できる

従来では消費者金融の店舗まで出向かなければお金を借りることができませんでしたが、最近では、インターネット上から簡単に契約をすることが可能となっています。ですので、仕事などで店舗に行くのが困難な方はこの方法を用いると良いでしょう。

申込フォームに記載

消費者金融をネットから利用するには、専用のフォームをクリックして名前や住所、年収などを記入しなければなりません。少しでもミスがあれば契約ができないことがあるので、ゆっくり丁寧に間違いがないか確認しながら入力すると良いでしょう。

必要書類

消費者金融でお金を借りる際であっても、免許証などを提示しなくてはなりませんが、書類もネットから提出することができます。免許証の写真をスマートフォンなどで撮って、それをアップロードすれば手続きが完了となります。

[PR]
事業者ローン基礎情報!
選ばれる理由をチェック♪

[PR]
フラット35なら金利がお得
返済期間を短くできる

[PR]
消費者金融の利用を検討している
役立つ情報が満載☆

広告募集中